ウォーターセラミック =生物由来の汚染、風化への対策=

世界文化遺産 姫路城の美しさを未来に

世界遺産に登録されている姫路城。

真っ白な漆喰の美しさをウォーターセラミックで

20年後の未来に託します。

白鷺城と呼ばれる姫路城は、外壁の漆喰と瓦の屋根漆喰が真っ白な漆喰で仕上がっており、 2009年よりの6年間にも及ぶ大改修で、この白さを次世代まで残すよう今回「ウォーターセラミック」が採用されました。

外壁の漆喰みならず瓦をつなぐ屋根漆喰、鯱瓦までウォーターセラミックが含侵されました。

姫路城大天守改修工事 姫路城の最上部は、瓦と瓦同士の隙間をつなぐ瓦漆喰で仕上がっている。

着圧式の噴霧器を使って鯱の表面にウォーターセラミックを含侵させている


■ 姫路城改修工事、ウオーターセラミックの採用まで

新しく施工された漆喰に対するウオーターセラミックの防塵有効性は試験後20年観察の上確認され、

姫路城本丸の本工事に採用されることとなった

中央の黒変部は屋根からの雨水が集中的に流れ落ちる部位で、櫓漆喰に常時帯水し黒カビが発生。

黒カビ発生部位とその周辺の表層を擦り落としウォーターセラミックを十分に塗布含侵させた。

20年たった現在、未処理部と黒カビ発生の大きな差がみられる。ウォーターセラミック浸透部の疎水性により、黒カビは再生できないでいる



■ ウオーターセラミックの特長

 

ウォーターセラミックを塗布するだけでコンクリート、石材、レンガ、タイル等の色や質感はそのままに表層を強化、

建造物の劣化・吸水を防ぎ、耐久性向上に貢献する無機質系建材表面強化剤です。

長期間に渡って美観維持、劣化防止に効果を発揮、安全性も高く、安心してご使用いただけます。

 

◆浸透◆
低粘土、低表面張力のウォーターセラミックは、水よりも深くコンクリート・石質 の毛細管水隙や、空隙を通り浸透します。

◆反応◆
コンクリート・石質中の主としてコンクリート骨材中の不定形シリ力と反応し、水隙・空隙内で非水溶性無機化合物となります。

◆防水◆
水隙や空隙を充填し、組織を緻密化した非水溶性無機化合物は、
コンクリート、石質自体の吸水を妨げます。

◆強化◆
生成された無機化合物は、化合前より安定した物質となり、
水隙や空隙を充填し通常約4日後から気室を強化します。

◆保護◆
吸水を止め、気質中の遊離アル力 リを安定物質に変え、中性化の促進を妨げます。又、既に中性化が進んでいるコンクリートに高アル力リ性のウオーターセラ ミックを塗布すると、アル力リ性が回復します。

◆耐久◆
処理されたロンクリート・石質の表層は、安定した緻密な保護層によって水の浸入を防ぎ、中性化や塩害・凍結も防止し、ロンクリート構造物の耐久性・耐汚染性を大幅に向上させます

㈱カネミヤでの実験
素焼きの植木鉢の外側半分にウォーターセラミックを塗り、底を塞いで水を入れました。しばらくすると、塗布しない面が濡れてきました。素焼きの陶器の中でしっかり防水層を作っています。

 



■ 長期にわたる耐久性

横浜・馬車道

日本火災横浜ビル

自然壁外壁劣化防止工事

1989年のウオーターセラミック塗布施工から20年以上経過したと思えないほどきれいな外観を保っている。

東京・上野

東京文化会館

改修工事



■ ウォーターセラミック製品情報

 

※ 詳細につきましては、メーカーサイトのダウロードをご利用下さい。

 

(株)アクアテック 兵庫県 ウォーターセラミック  施工方法マニュアルダウンロード