ナノテクノロジーが可能にした

  驚異の浸透・強化力!!

  寒冷地用はマイナス5℃まで施工可能!

  ポリマー粒子が分子に近いサイズまで小さい!

 

 


コンクリート・モルタルなどの無機系下地の表面が脆弱である場合、

その上に仕上材を施しても本来の付着力が期待できず、砂上の楼閣

のように剥離の危険性をはらんでいます。

「ガッチリ浸透プライマーW/寒冷地」はこの脆弱した無機質系下地の

表層を強化し、仕上材を施工可能にする水性の浸透強化剤です。

モルタル接着増強剤(粒子径約200~800nm)や一般の水性浸透

強化剤(約100nm)ではポリマーが大きく、脆弱層への浸透は不可能

でした。「ガッチリ浸透プライマーW/寒冷地」は独自のナノテクノロジー

により、ポリマー粒子を30~50nmと分子に近いサイズまで小さくし、

浸透に最も適した濃度、粒度、化学安定度を有したことで脆弱層への

浸透を可能にし、コンクリート、モルタル等の無機質系下地の表層強化

                                                     を可能にしました。


通常のエマルジョン製品(ハイフレックス、ハイモルエマルジョンなど)はポリマーが

大きく光wを反射するので白く見えますが、「ガッチリ浸透プライマー」のポリマー粒子

は非常に小さいため光の反射が少なく、樹脂固形分が高くても半透明となります。


  1.脆弱した無機質系下地表層に浸透し強化します。

  2.水性なので有機溶剤の発散が無く、においも殆どありません。(室内でも施工可能)

  3.塗布後、セメント系材料のほか、各種材料を直接施工できます。

  4.一液でかつ原液使用のため、混ぜたり希釈する必要はありません。

  5.気温マイナス5℃まで施工可能です。(寒冷地用)

浸透強化に効果のある下地

 

 脆弱化したモルタル・コンクリート表層の浸透強化。

施工直後の雨打たれ、凍害やドライアウト。

・ALC板

・スレート板

・ケイ酸カルシウム板

などの下地強化

無機質系セルフレベリング材の硬化不良による脆弱層の浸透強化。


京壁・じゅらく壁

経年劣化による表面のボロつきを

なくし、塗り替える。下地強化



 

  砂壁

塗り替え時の下地強化

 

土壁

土蔵などの改修で土壁が剥離したり強度が無くポロついている下地強化

漆喰

経年の風化・中性化による脆弱層

の浸透強化



大谷石

表面強度を上げて劣化防止

ブロック塀

風化中性化を防止し、汚れ防止効果もある

窯業系サイディング

表面塗装の艶が無く、手で触ると

白い粉が手に付くなどのチョーキングした仕上材の表面強化

セメント系リシン

表面を手でこすると白い粉が付く

場合の表面処理


その他、無機質系の下地・経年の風化・中性化した下地の浸透強化、防塵用としてお使いください。

*塗料、ペンキ等の有機系塗膜や木部、金属、プラスチック等吸い込みの無い部材には効果が期待できません。

1.脆弱した下地の処理

  著しく脆弱した下地は、ポリッシャー、ディスクサンダー、皮スキなどで出来るだけ除去し、清掃してください。

  水洗いをした場合は、下地が十分乾燥していることを確認してください。(乾燥していないと、浸透しません)


2.ガッチリ浸透プライマー/寒冷地の塗布

  ウーローラーや刷毛、ジョーロ、噴霧器などを用いて原液のまま、表面に残るまで塗布してください。

  吸い込みの多い場合は、状況に応じて1時間以内に数回塗布してください。その後乾燥させてください。

※ 塗布量・施工面積の目安  塗布感覚:1時間以内。 



※ 次工程へは20℃で2~3k時間(水分が蒸発したのち)を目安に養生してください。

※ モルタル等の厚みのあるものを施工する場合は翌日以降としてください。


3.仕上材施工

  モルタルや塗床材・外装材等、用途に適した仕上材を施工してください。

  ※ガッチリ浸透プライマーW/寒冷地の上に仕上材の下塗として溶剤系のプライマーを使用する場合は、

    溶剤分を閉じ込めないよう十分に揮発・乾燥させてから仕上塗りを行ってください。

   詳細な内容が必要な場合には、製品安全データーシート(MSDS)をご参照ください。

14kg  ポリペール缶

 4kg    ポリ缶

 2kg    ポリ缶   4本/箱


乳白色半透明液体

特殊変性アクリル樹脂エマルション



土蔵改修工事 (さいたま市)

1.

漆喰下地の土壁が劣化し漆喰が剥離を起こしてます。

2.

土壁・漆喰にガッチリ浸透プライマーを噴霧器で塗布。


2日間で6~7回塗布。

塗布量1.5kg/㎡程度。


3.

表層が固まり表面に艶が出ています。

4.

メタルラスを又釘で緊結しています。


5.

下地調整材施工

カチオンタイトを施工後セメント系下地調整材を塗布して、補強の為ガラスネットを伏せ込みます。

6.

仕上げ塗装

弱溶剤系艶消しの塗料で仕上ます。

(日本ペイント ケンエース)


※漆喰仕上げの場合

 剥離部分や浮いている漆喰・土壁を落す。ガッチリ浸透プライマーを塗布。砂漆喰(エマルジョン樹脂混入)で既存の漆喰レベルまで塗る。塗り厚が厚い場合上記のようにメタルラス施工後軽量モルタル(ポリマー樹脂混入)を塗る。できればビニロン系の3軸ネットを挟み込み砂漆喰で中塗をとり漆喰で仕上げる。


コンクリート土間 雨打たれ補修工事

1.

コンクリート土間の雨打たれで、レイタンスが浮き白くなっているので、ケレンする。

 

2.

高圧洗浄後乾燥させ、ガッチリ浸透プライマーを原液のままローラーで表面に残るまで塗布します。


3.

下地調整材(ポリマーセメント、ここではカチオンタイト)を金鏝で1ミリ厚で平滑に塗る。

4.

下地の完了です。