村樫のしっくい


村樫のしっくい [上塗]

 コテ押さえから磨きまで抜群の性能を発揮

絶妙のバランスで配合された万能しっくいです

 

使用方法
 混練(標準加水量=1袋当り、18リットル)
製品仕様
 荷姿(20kg紙袋(4層))  標準塗り面積(塗り厚:1.5mm厚→18m²)

 村樫の砂しっくい [中]

 

特殊骨材をバランスよく配合。

割れにくいのが特徴です

内外問わず使用でき、上塗とのなじみも良好です

 

使用方法
 混練(標準加水量=1袋当り、18リットル)
製品仕様
 荷姿(20kg紙袋(4層))  標準塗り面積(塗り厚:1.5mm厚→18m²)

◆ 村樫のしっくい 施工手順


石膏平ボード下地 施工手順

1 下地勉理

 目地はあらかじめ《MK目地材〉で目地埋めをし、乾燥後サンドペーパーで平滑にしてください。
ひび割れ防止のため、継ぎ目にはジョイントテープを貼ってください。

2 下塗り

くMKプラスター〉を平滑に塗り付けてください(塗厚約1mm)。

3 上塗り
《MKプラスター〉が十分に硬化乾燥後、《村怪のしっくい》を下付け、上付けで塗り付け、
水引 き具合を見て仕上げてください(塗厚約1.5mm)。


既存しっくい下地(補修) 施工手順

1 下地の確認 既存しっくいの強度を確認してください。
はがれ、浮きを確認してください。 茨、油汚れの有無を確認してください。
油汚れがひどい場合には施工を中止してください。

2 事前の下地処理 -
 表面についた地衆は、刷毛やブラシで落としてください。
顧毛やプラシで取れない装、油汚れは 洗浄してください。
 浮いているところはケレンなどで剥がしてください。
アク・シミ汚れが酷い場合は市販のアクシミ止めを所定量塗布し、乾燥させてください。
不陸・クラック等は、硬めに練ったくMKプラスター〉などを用いてあらかじめ補修してください。
ク ラックが発生している場合には、全面に寒冷紗を伏せ込んでください。

3 下塗

MKプラスター〉を平滑に塗り付けてください(塗厚約1cm)。外装施工の際は、MKプラスター。
に必ずく外装用添加材〉を混入し、ご使用ください。

4 上塗り

《MKプラスター〉が十分に硬化乾燥後、《村怪のしっくい》を下付け、上付けで塗り付け、
水引 き具合を見て仕上げます(塗厚約1.5mm)。

材の状況により施工方法が異なります。詳しくは繋社までお間い合わせください。

 

 


土壁下地(補修)施工手順

1 風化した土壁の除去 風化した土壁を落とせる部分まで落としてください。

2 下地の補強 露出した土壁に浸透性プライマーをたっぶり塗布・浸透させ、乾燥した状態でしっかり補強でき ているか確認してください(強度不足の場合は、もう一度1から)。

3 亀裂の処置 - 亀裂の入っている箇所はネットを張り、《MKプラスター〉で伏せ込んでください。

4 不陸調整塗り - 《村怪の砂しっくい》を下付け、上付けの2回塗りで5mm厚を限度とし所定の厚さまで塗り重ね、 荒らし目を入れ十分乾燥させてください。

5 中塗り 下塗りに《フジプライマーF45》5倍液を縦横2回塗布し、指触乾燥させます。《村怪の砂しっくい) を下付け、上付けで5mm厚程度に塗り付け、水引き具合を見て木ゴテで平滑にしてください。

6 上塗り 翌日以降中塗りが指で押しても凹まない程度(7分乾きの状態)までしまりましたら、上塗りを施工し てください。《村怪のしっくい》を下付け、上付けで塗り付け、水引き具合を見て仕上げてくださ い(塗厚約1.5mm)。

※古壁の状況により施工方法が異なります。詳しくは弊社までお問い合わせください。

 

 


コンクリート下地 施工手順

1 下塗り
サンドモルタル又は市販の補修材などで下塗りしてください。 不陸がある場合は平滑にしてください。

2 中塗り

1)施工する前に急激な吸水を防止する為あらかじめシーラー処理を施してください(くフジプライ マーF45〉5倍液を縦横2回塗布し、指触乾燥させます)。

《村榴の砂しっくい》を下付、上付けの2回塗りで5mm厚程度に塗り付け、水引き具合を見て 木ゴテで平滑にしてください。

2)又は《MKプラスター〉にく外装用添加材》を入れ、平滑に塗り付けてください(塗厚約1mm)。


3 上塗り
1)(村怪の砂しっくい》下地の場合 翌日以降中塗りが指で押しても凹まない程度(7分乾きの状態)までしまりましたら、上塗りを施 工してください。
《村怪のしっくい》を下付け、上付けで塗り付け、水引き具合を見て仕上げて ください(塗厚約1.5mm)。

2)《MKプラスター〉下地の場合 《MKプラスター〉が十分に硬化乾燥後、《村榴のしっくい》を下付け、上付けで塗り付け、水 引き具合を見て仕上げてください(塗厚約1.5mm)。

 

 

 


◆ 村樫のしっくい 注意事項


 

[はじめに]
* 気温が5°C以下になる場合は施工を中止してください。

 併せて施工翌日の最低気温が0°C以下になる場合も同様にしてください。
* 石菅ボード(木造下地)の施工は、JASS15左官工事3.9に規定された施工方法に準じてください。

 下地材の継ぎ目には必ず受け木(支持材)があることを確認してください。
* GL工法はボードジョイント部に亀裂が入る場合がありますので、お薦め致しません。

 

[養生の注意]
赤身の木材はアクが発生しやすい為マスキングテープなどで養生することをお薦め致します。
* 施工中、施工後は直射日光や強風が当たらないように養生してください。

 

[施工、施工後の注意]
* 石膏ボードへ《村怪のしっくい》を直接施工されますと剥離する可能性がありますので、直接施工は推奨しておりません。
* 施工後はできるだけ通風に配慮し、自然乾燥を行ってください。

 直接雨が掛かったり、常に湿潤状態が続く場所へ《村榴のしっくい》を施工されますと、汚れやカビが発生する可能性があります。 
 しっくいを施工した部屋でお線香をたいたり、石油ストーブを使用されますと、しっくい面が黄色く色がつく可能性があります。

 

 [ワンポイント]
* 《村怪のしっくい》を施工前日より練り置きしますと、更に作業性が良くなります。