高強度・速硬型セメント系セルフレベリング材

リニアレベラーは耐荷重が要求される床の下地調整に優れた性能を発揮します。

耐荷重が要求される床下地に最適です。

 

翌日の塗床施工が可能です。

 

施工後3~4時間で軽歩行が可能です。


リニアレベラー特  長


■ 薄塗りから厚塗りまで

セメント系材料の弱点である収縮率を、規格値の1/4とした超低収縮SL材で、塗り厚3~50㎜まで広範囲に対応します。

■ フォークリフトも乗れる高強度

高強度(圧縮強度52N/㎟)で耐摩耗性に優れるため、耐荷重床の下地調整ができます。

■ 溶剤系が塗れる

様々な塗床材が施工できます。もちろん張物も施工可能。また、優れた耐摩耗性を有しているので、露出仕上げが可能です。

■ 翌日に仕上げができる

即硬性のため、施工後3時間での軽歩行、翌日の塗床施工が可能です。(気温20℃の場合)

■ 施工しやすい

流動性が高く、速硬性でありながら可使時間が30分程度あるため(気温20℃の場合)、余裕をもって施工できます。

リニアレベラー適用仕上げ塗床材


塗布型塗床材:エポキシ系、ウレタン系、メタクリル系、ポリエステル系、

        ビニルエステル系、アクリル系、ポリマーセメント系

浸透型表面強化剤:特殊シイカ系、エポキシ樹脂系

リニアレベラー用途


工場、倉庫、屋内駐車場、病院手術室など重

   量物が作用する床工事

  店舗などの緊急床下地工事

●  塗り床、張物仕上げの床下地工事

  新築、改築の床下地工事全般

リニアレベラー標準仕様



リニアレベラー荷姿

20kg/袋

10㎜厚=約1㎡

ハネダシーラー

4kg/缶  約20㎡

18kg/缶 約90㎡

(現役一回塗布の場合の面積)

リニアレベラーを施工する際のプライマーとして使用するアクリル系水性シーラーです。


1 事前確認

下地はモルタルまたはコンクリートとしてください。

  施工個所の確認を行い、ミキサーの昆練能力などを考慮して、流し込み順序、堰板の設置などの施工方法

  について十分にご検討ください。

●  作業領域の温度が5℃~30℃であることを確認してください。

 事前処理

  下地にゴミ、ホコリやレイタンスなどの接着を阻害するものや、弱い部分がある場合は、

    ポリッシャーや研削機で取り除きます。

 クラック、取り合いなどの隙間は補修を行い、乾燥させます。

●  1~2m間隔で墨出しをしてアタリを取ってください。

 

 

3 プライマー塗布

 ハネダシーラー原液をムラのないように、たっぷり塗布してください。

 給水の激しい下地は、ハネダシーラー原液を2回塗布してください。

 シーラーが完全に乾燥してから、リニアレベラーを施工してください。

           (前日施工が仕事の段取り上よいかと思います)

 

4 混練り

 混練り時間は投入完了後3分が目安です。高速回転のハンドミキサー(600回転/分以上)、

        SL材専 用ミキサーを使用してください。

● 混練り容器に所定量の水を先に投入し、撹拌しながら粉体を徐々に投入し、ダマを作らないように

         混練りしてください。

5 流し込み

 一か所に集中させずに、墨やアタリを目印に流し込みます。

 流し込み後は速やかにトンボなどで平坦に仕上げてください。

 施工面積が広い場合は、30㎡~50㎡毎に堰板を入れてください。

 打ち継ぎ部分は13分以内にトンボや脱泡ローラーで均してください。

               6 各種仕上げ材施工

                リニアレベラーが硬化乾燥後、メーカーの仕様に従い施工してください。


オプション工事:露出仕上げ

 露出仕上げの場合はシート養生が必要です。軽歩行が可能になったら速やかにシート養生してください。

 シート養生することで表面強度が格段にアップします。

*施工方法については必ず別紙の施工要領書で確認してください。➡

*油で汚れた床の場合の施工要領書はこちら➡






*注意事項

 セメント系材料のため、加水量や施工状況により、色の濃淡、ムラ、白華などが生じることがあります。

 屋外や、常に水のかかる所では使用できません。

 プライマーの塗布やSL材の施工は、5℃以下では行わないでください。プライマー塗布からSL材の硬化までに気温が5℃以下になると考えられる場合は、適切な

  採暖を行ってください。

 リニアレベラー施工時に圧送ポンプは使用できません。

● リニアレベラのみで十分な耐荷重を得られるものではありません。下地によっては要求される強度が出ないことがあります。

 塗床の施工は、塗床ハンドブック(日本塗床工業会)に従って実施してください。特にSL材表面の目荒し(サンドペーパー掛け等)、塗り床用プライマーの塗布は

  必ず行ってください。

● 塗床材特殊仕様(塗厚大、下地条件有りなど)の適用可否、特殊な下地、用途などご不明な点については、お問い合わせください。