洗い出し アピア洗い出工法

 

【アピア洗出し工法 アピアプラス】伝統の「洗い出し仕上」を短時間に!しかもリーズナブルに! 


洗い出しまでの時間を大幅に短縮できるセメント混和材『アピアプラス』

当日ならシート養生不要、シート養生すれば翌日でもきれいに洗い出せる

硬化遅延剤『アピアスプレー』、洗い出し用接着増強下塗材『アピアベース』。

アピア洗い出し工法は伝統の左官洗い出しを強力にサポートします。


「アピア洗出し工法」は三種類の材料構成

アピアプラス

(洗い出し工法用混和材)


『アピアプラス』をセメントに加えるだけで、適度なシマリと耐久性を備える“洗い出し専用セメント”に早変わり。

アピアプラスがセメントのシマリを促進し、ふせ込みから洗い出しまでの時間が短縮されます。

施工面積

壁面 玉砂利1分 塗圧8㎜ 約6㎡

床面 玉砂利1分 塗圧10㎜ 約4.8㎡

   玉砂利2分 塗圧12㎜ 約4㎡

   玉砂利3分 塗圧15㎜ 約3.2㎡

 

アピアベース

(洗い出し工法用接着増強下塗材)


 

種石の接着安定性を高め、浮き、

剥離を防ぎます。

施工面積 1㎜厚で約10㎡  14kg/袋

アピアスプレー

(洗い出し工法用硬化遅延剤)


洗い出しの常識を覆す新しい硬化遅延剤、

『アピアスプレー』。

シート養生不要の画期的な硬化遅延剤です。よく日の洗い出しなら上がってシート養生が出来るので手間が半減します

施工面積 20~25㎡  5kg/缶

 
当日の洗出しなら「シート養生」不要!
翌日の洗出しなら「シート養生」手間半減!


【「アピア洗出し工法」の特徴


■作業時間の短縮

  セメントのみを使用した時より作業性が格段に向上します。

 

■種石が安定

  アピアプラスを添加したセメントは“モチモチ”するので、

  アマ戻しのために種石に水をジャブジャブ打っても石が飛びません。

 

■早期強度の向上

  ブリージング水が低減されるので、早期強度が向上します。


■美しい仕上がり

  アピアプラスを添加するとアマ浮きがよく、砂利がたくさん入れられるから目が詰んで美しく仕上ります
 


【洗い出し工法セメント混和剤 アピアプラス】


 上塗材の標準配合 (練り上がり量 約48L)


 セメント25kg 、アピアプラス2kg、玉砂利70kg~80kg 、水10L 


※玉砂利の配合比は、1分、2分、3分とも共通です。

 適用セメントは、普通・早強・白セメントですが、気温が10℃以下の場合は早強セメントをお薦めします

混練り方法

●モルタルミキサーにセメント25kg、アピアプラス2kg、玉砂利40kg、水約10Lを加えて混練りし、さらに残りの玉砂利30kgを加え、ポッテリとした難さに混練りしてください。推量は適宜調整してください。

●混練りした材料は、30分以内に使い切ってください。時間が経ってからの材料の練り足し、練り返しは厳禁です。

●上塗り材の練り上がり温度が30℃を超えると、硬化が早くなるのでご注意下さい。夏場はブルーシートなどで日差しを遮り、日陰の状態で材料や水を保管して下さい。練り上がり温度の上昇を防止してください。


【アピアベース 洗い出し工法用接着増強下塗り材


種石の接着安定性を高め、浮き、剥離を防ぎます。
施工面積 1㎜厚で約10㎡  14kg/袋

 

水3.5リットルにアピアベース14kg/袋を入れ、ハンドミキサーでダマが出来ないように

均一に混練りし、柔らかいペースト状になるように水量を調節してください。



*使用した道具類は、すぐに洗ってください。乾燥すると洗えなくなります。

*下地のコンクリート、モルタルは木鏝押さえとし、1週間以上乾燥養生してください。

*施工時は下地を湿らせて、水溜りの無い状態にしてく000ださい。

    アピアベースが乾燥すると接着不良になりますので、追っかけで上塗り材を施工してください。 


【施工手順



施工動画:シート養生不要の当日の洗い出し                  施工動画:シート養生で翌日の洗い出し



【使用・施工上の注意

1 下地のレイタンス・ホコリ・ドロ・油脂分・剥離材などは入念に除去してください。


2 気温5℃以下の環境では、作業は中止してください。防凍剤・耐寒剤は混入できません。


3 急激な乾燥は硬化不良・キレツ発生の原因となります。 高温・強風下での施工は避けてください。


4 施工前に必ず施工仕様書で詳細を確認の上、施工してください。

 

*詳しい施工マニュアルは、こちらからお申込み下さい。


無機系洗い出しの実力を見てください!

 

株式会社ハネダ化学さんの工場の裏の空きスペースに6年間放置した洗い出し塗板を洗浄しました。

高圧洗浄機で洗浄しても石の飛びはありません。

樹脂系洗い出しはセメントを使わないので施工は簡単ですが、耐久性では無機系洗い出しに劣ります。

洗い出し工法のご採用の際には、「アピア洗い出し工法」の無機系洗い出し製品をお使いください。